FGOで開催中の第3期影の国の舞踏会では伝説級と英雄級、どちらを周回すべきなのでしょうか。

効率よく戦士の名札を集めるためにも特攻礼装を6枚積む、第3期伝説級6積3T周回編成も知っておきたいですよね。

今回はFGOの影の国の舞踏会で伝説級と英雄級どちらを周回するべきなのかまとめていきます。

第3期伝説級6積3T周回編成についても迫っていきましょう。

スポンサードリンク



FGO・伝説級と英雄級どっちを周回すべき?

  • ドロップ率に大きな差はない
  • 礼装狙いなら伝説級

第3期影の国の舞踏会では伝説級と英雄級、2種類の高難易度クエストが登場!

イベントを完走するためにも効率よく周回したいのですが、高難易度だけに悩んでしまいますね。

伝説級と英雄級を比べて、自分のクリアできる範囲で挑戦していきましょう。

戦士の名札ドロップ率に大きな差はない

英雄級と伝説級それぞれの戦士の名札ドロップ率に差がほとんどありません。

そのためドロップ増加礼装を多く積むことができる方を周回するのがおすすめ!

一応伝説級の方がドロップ率は高いのですが、英雄級でも十分戦士の名札を集めることが可能です。

BOX回収優先の場合は礼装を多く積むことができる方を選んで挑むようにしましょう。

最大6積することで効率よくBOXを回せますよ。

礼装狙いなら伝説級

礼装をそろえられていない場合は伝説級の周回がおすすめです。

戦士の名札ドロップは英雄級と変わりませんが、スカサハコインのドロップは伝説級の確率が高くなっています。

ただし、伝説級は最高難易度なので周回するには難易度が高すぎるので要注意!

礼装をすべて入手したら英雄級で戦士の名札を集めていくようにしましょう。

伝説級は戦力さえそろっていればクリアできるので、キャラの育成が肝心ですよ。

スカサハコインは英雄級では入手できませんが、近衛級や騎士級で入手できます。

無理のない範囲でコインを集めていきましょう。

FGOの第3期伝説級3ターン6積周回編成は?

第3期の影の国の舞踏会フリークエスト英雄級・伝説級を3ターン周回する編成を紹介していきます。

前提として編成難易度が高いので持っていないキャラは、代用キャラやサポートを使って周回するのがおすすめです。

スキルや宝具、礼装のレベルをMaxもしくはMaxに近い状態まで育成しておく必要もあります。

伝説級、英雄級に挑む前にしっかり育成しておきましょう。

アルトリア&ランスロット

★サーヴァント

  • アルトリア
  • ランスロット
  • アルトリアキャスター
  • 孔明
  • 自由枠2

★礼装

  • すべて『掲げるは我が心』

アルトリアキャスターのスキルを1度ランスロットにすべて付与、その後オーダーでアルトリアキャスターと孔明を交代させます。

さらに孔明のスキルでアルトリアを強化、後は1ウェーブ目を倒し2ウェーブ目をランスロット宝具で一気に進めていくだけです。

最後の3ウェーブ目ではオーダーで全体強化、アルトリア自身の自己強化を行いアルトリアの宝具で敵を倒します。

この編成の場合アルトリアキャスターと孔明の存在が重要で、アルトリアとランスロットは代用可能です。

代用する場合はアーサーやオルタがおすすめ、どちらの枠に代用しても育成していれば十分戦えます。

アルトリアを2人持っているのであればWアルトリアで編成するのもありですね。

アルトリア&メディア

★サーヴァント

  • アルトリア
  • メディア
  • アルトリアキャスター
  • 孔明
  • 自由枠2

★礼装

  • すべて『掲げるは我が心』

アタッカーをアルトリアとメディアにした編成です。

ただし、メディアの火力は低い方なので、フォウを使って事前にATKアップしておくのが良いですね。

メディアのNP100%チャージを活用することで、1ウェーブ目と2ウェーブ目はメディアの宝具で乗り切ることができます。

最後はアルトリアにバフをかけて3ウェーブ目を倒します。

この編成はメディアの育成がどう進んでいるかで左右されるので、攻撃重視でスキルレベル4以上の育成をする必要がありますよ。

スポンサードリンク



まとめ

FGOの第3期影の国の舞踏会では礼装が欲しい場合は伝説級、戦士の名札のみが欲しい場合は英雄級を周回すべきですね。

礼装交換に必要なスカサハコインは英雄級では入手できないので要注意!

とはいえ、伝説級では厳しい場合は近衛や騎士で妥協するのもありです。

第3期伝説級6積3T周回編成を参考に戦士の名札集め用の編成を組んで挑みましょう。