20代、30代とほうれい線の原因について考えてみます!

若いからといって慢心は禁物です!

30代となるあたりからほうれい線が現れますが、これはなぜなのでしょうか?

ほうれい線が10代や20代の女性にはあまり見られない理由を見てみましょう。

それは、ハッキリ言うと肌の状態が良いことにあります。

この頃の年代の女性のみなさんは、コラーゲンが皮膚の基盤となる真皮にたくさん存在していますので、皮膚にハリや艶があることによって、顔面にしわが現れず、また、毛穴もあまり目立ちません。

ところが、25歳から30歳にさしかかると、色々な箇所が弱まりはじめることからほうれい線が現れやすくなると思われます。

皮膚の潤いや油分、表情筋の力などにみられる変化などによって、弾力性やハリといったものが失われていきがちになることによって、この時期を「お肌の曲り角」といわれる時期といってもいいでしょう。

10代や20代の頃だったら、お化粧を落とさず眠りにつく、化粧水や乳液は使用しないなどというような、いわゆる「若さ」によって乗り越えることができたけれども、25歳から30歳頃になると、このようなことはできなくなって年齢層に見合った栄養素が求められることで、これまで使っていた化粧品を見直す方は多いといえます。

年齢がいってなくても慢心は許可されないほうれい線の原因

ほうれい線は年代に関係なく表れるケースも見受けられます。その主だった要因をご説明してみましょう。


ほうれい線は、普段行なっている習慣にも左右されて、著しく目立ちがちになってしまいます。

その習慣と言いますのは、口をヘの字にする癖のことです。

鏡を眺めながらヘの字にしたらお気付きでしょうが、こういった形相は口角を引き下げるということなのでほうれい線が現れがちになってしまうのです。

自分にはそのような習慣は存在しないと感じられるかもしれませんけど、外国の人とは異なって私達日本人は、たとえばエレベーターで乗りあわせても顔の表情を変えないままですごすきらいがあるではないかと考えます。

真顔の感じでも口元がヘの字に容易になり、機嫌が悪くみえたり、不満を持った顔に感じられるケースがあるので良い触れ合いを逸することもありえます。

自分自身では真顔であると思っていたとしても口元はヘの字となっていることが数多く見られ、更には年を積み重ねる過程で筋肉が落ちるので口元は下がりがちになっていくのです。


ほうれい線は、笑い顔を丸っきり見せない方にも、容易に現れる傾向があると考えられています。

表情筋をそれほど使用しないので弱まりがちになり、うつろな顔つきが固定化してしまうことになり、口元がダウンしたケースのほうれい線ができがちになります。

笑い顔を見せるとほうれい線が現れやすくなってしまうのではありませんで、笑い顔を見せないことが要因となり口周辺の筋力が衰えて現れやすくなると言えます。


ほうれい線は、厚化粧の場合でも生まれやすくなってしまいます。

コンシーラーやファンデというものを繰り返して重ねて付け過ぎてしますと、形相を変化させるほどヨレやすいようになってしまいます。

とりわけ、おしゃべりや笑い顔とかで筋肉が動きがちになる口元はお化粧が崩れやすいこともあって、ほうれい線がくっきり見えやすくなってしまうことになります。

お化粧のやり方により毛穴や吹き出物というものを隠せてもほうれい線が出てしまうことになると、歳以上に見なされてしまいかねませんからお肌の質を改善して、なるべく薄化粧にするようにおすすめします。

ほうれい線は、たるみなどによって現れ易くなってしまうので丸顔や頬の肉付きが良い人は気をつける必要があります。

顔に付着した皮下脂肪は、表情筋で支持しきれず下の方に下がってしまいますのでほうれい線が分かりやすくなります。

ほうれい線を無くすことを目指してシェイプアップを行なっても元に戻ってしまうとまた肌がたるむことによって、減量がうまく行かなく失敗するほどほうれい線が濃くなる可能性もあります。



ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング

このページの先頭へ

お笑いギャグ