紫外線対策は、若いうちから怠らないようにしましょう!

やがて、ほうれい線の原因になってきます。

肌トラブルの原因は、昔は加齢がいちばんの原因だと言われていました。

つまり加齢により肌機能が低下して、それによる老化現象の一環として、ほうれい線などの肌トラブルが引き起こされると言う考えが一般的だったと言うことです。

しかし研究が進むにつれ、実は加齢以上に紫外線によるダメージが最たる原因であると言うことが明らかにされ、現在ではこの説が一般的だとされています。


紫外線は、主にふたつの種類に分類されます。

ひとつは紫外線B波で、これは波長が短い代わりにエネルギーが強いと言う性質を持っています。

そのため、短時間で肌の表面を焼き、そのダメージによってメラニン色素を過剰に分泌されることから、シミや色素沈着の原因になる紫外線です。

そしてもうひとつが紫外線A波で、こちらはエネルギーはそれほど強くないものの、波長が長いと言う性質を持っています。

そのため、B波とは異なり、肌の奥深くにまで到達し、肌の成分を破壊する紫外線と言うことができます。


肌の奥深くには、肌の弾力を構成しているコラーゲンやエラスチンと言った成分が存在しています。

そのためA波を無防備に浴び続けると、それらの成分が破壊されてしまい、結果として肌弾力が著しく低下してしまうこともあります。

その結果として発生する肌トラブルのひとつが、ほうれい線です。


ですから見た目年齢を実年齢以上に押し上げて見せるほうれい線を予防するためには、A波に対する防御を徹底する必要があります。

A波は、浴びてからすぐにそのダメージが出てくるのではなく、成分を破壊すると言う特性上、浴びてから数年後、長い場合には十数年後にダメージが出てくるのが特徴です。

よって若い人でも、若いから大丈夫と紫外線対策を怠っていると、年齢を重ねていくたびに肌たるみが酷くなり、やがてほうれい線が刻まれると言うことにもなりかねません。

そして一度、発生してしまった肌たるみやほうれい線を改善するのは、決して簡単なことではありません。

ですから若い内から、紫外線対策を徹底することが重要です。


その対策として最も効果的なのは、年間を通して日焼け止めを使用することです。

日焼け止めには、その防御力を示す表記がされています。

この内、A波に対する防御力の強さを示すのはPAと言う値です。

PAの後には+のマークが続きます。

その数が多ければ多いほど、A波に対する防御力は強いと言うことですから、夏場や日中、長時間、野外で活動をする時などは、できるだけこの数が多い物を使用するのが望ましいです。

未来の肌トラブルを防ぐためには、今の紫外線を防ぐことが重要です。



ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング

このページの先頭へ

お笑いギャグ