紫外線対策は日焼け止めクリームだけでなく、顔や首周りもしっかり行い帽子をかぶる!

化粧品の使用量や使用方法をきちんと守る事が大事です!

ほうれい線って漢字でどう書かれていたかご存知ですか?

「豊齢線」です。

読んで字のごとく、年齢が増し加わるゆえに現れるものなのです。

しかし、最近では若くてもほうれい線の悩みを抱えておられる方が多くいらっしゃいます。

もちろん遺伝による骨格によるものもあるのですが、10代のほうれい線は生活習慣と大きく関わりがあります。

言い換えれば、生活習慣の改善で、ほうれい線をなくすこともできるのです。

原因はなんでしょうか?改善方法とは?

紫外線対策を怠ると、ほうれい線が刻まれます…

一つ目の原因としてあげられるのは「紫外線」です。

若いからといって油断していませんか?

確かに若い頃は日焼けしてもすぐに元の状態に回復します。

しかし、紫外線対策を怠ると、次第に肌の弾力が失われて、ほうれい線が刻まれてしまうのです。

間違ったスキンケア

また別の原因として、間違ったスキンケアがあげられます。

今は10代からバッチリメイクをする人が増えてきました。

メイクをする=クレンジングや洗顔が必須。

しかし、これらを正しい方法で行わないと、肌が乾燥してしまい、ハリと弾力が失われてしまい、たるみを引き起こし、ほうれい線につながるのです。

過度のダイエット

また、加えてあげられる原因として、「過度のダイエット」があります。

成長期にダイエットをすると、筋肉や皮膚が正常に作られなくなるので、皮膚がたるみ、ほうれい線ができてしまうのです。

せっかく身体が痩せてキレイになっても、肝心の顔にシワが刻まれて老けて見られてしまっては悲しいですよね。

今後の予防対策

では次に、できてしまったほうれい線をなくし、今後の予防対策についてお話しします。

原因の一つの紫外線がありました。

顔に日焼け止め等を塗って対策することは当然。

でも、それだけで安心しないでください。

顔の皮膚って首や頭皮とも繋がっていますよね。

ということは、顔の皮膚の状態は頭皮や首の皮膚とも大きな関わりがあるのです。

ですから、紫外線対策は顔を含め、首周りもしっかり行い、また帽子をかぶるなどして頭皮にも気を配っていきましょう。


また、乾燥・間違ったスキンケアによるほうれい線対策としては、まず、化粧品の使用量や使用方法をきちんと守りましょう。

化粧水または乳液のみでケアを終わらせていたり、両方使っていたとしても少量でパパッとすませていては、効果が得られません。

化粧品に記載されている使用量や使用方法を守ることで、最大限の効果を引き出していきましょう。


また、肌の潤いと弾力を保つためには、水分と油分のバランスが大切です。

ですから、化粧水で水分を補い、それを逃さないために乳液やクリームの油分で補った水分を逃さないようにしっかりフタをしてください。



ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング

このページの先頭へ

お笑いギャグ