ほうれ線の語源、その由来を、辞書で調べてみました。

言葉そのものの由来は、中国の面相学からきている…

まず、goo辞書では…

人相学(観相学)で鼻唇溝(びしんこう)のこと。 [補説]語源未詳。中国の面相学では法令紋という。また、長寿のしるしとして豊齢線、豊麗線とも書く。

とあります。

ウィキペディアをみてみると…

ほうれい線(ほうれいせん、漢字表記:豊麗線、法令線、豊齢線[1])とは、ヒトの鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線。しわでは無く、頬の境界線である。

語源は中国の面相学における「法令紋」に由来する。「豊麗線」、「豊齢線」は当て字。「頬齢(ほおれい)線」という表記も見られるが、語源的には誤りである。英語では Nasolabial fold と言う。

医学関連分野(美容外科学も含む)の専門用語では鼻唇溝(びしんこう。英語:Nasolabial Fold)と呼ばれる。

主に加齢によって中年以降に目立ち始めることが多く、若年期までは目立たない人もいる。ほうれい線の深さは見た目の年齢を大きく左右する。

とあり、原因として…

原因としては以下のものが挙げられている。

加齢、乾燥、喫煙、ストレス、紫外線、バランスの偏った食事、ビタミンC不足、コラーゲン不足

と記述されています。

ようするに、言葉そのものの由来は、中国の面相学からきているようです。

で、なんでこのシワをほうれい線と呼ぶのかについては、別の説もあります。

東洋医学の先生は、骨盤の異常を見分けるのに、顔のシワをみて診断したそうです。

骨盤ば曲がってまっすぐに歩けないヒトは、シワの左右の太さや長さが違う…つまり、「法令を守れないヒト」。

逆に、シワが左右対称なヒトは「法令の線をまっすぐに生きるヒト」。

このように例えて、このしわを「法令線」といったのが始まりだそうです。

また、ほうれい線は、豊麗線と表記されることもあります。

これは、豊かに歳を重ねることで目立ってくる線…という意味で、人相学的には吉の相だといわれています。

でも、このほうれい線、美容の面で言うと、ちょっと違ってきます。

豊かに歳を重ねることはいいことですが、モロに歳が顔に表現され、あるのとないのでは、見た目年齢に大きな差が生まれます。

一説では、ほうれい線が深く目立ってくると、5才~10才、老けて見られる…といわれています。

だから、女性の悩みの中でも、このほうれい線の悩みがいつもトップクラスにきていることに、ヘンに納得がいきます。

何とか解消したい、目立たなくしたい…そして、少しでも若く見られたい…この願望は、ほとんどの女性が歳を重ねると意識するものです。

解消法は、いろいろあります。

頬の筋肉を刺激するエクササイズも、いろんな方法が紹介されています。

でも、普段忙しくて特別にケアできない方には、化粧品によるほうれい線の解消法があります。

最近では、ほうれい線の原因とメカニズムの解明によって、効果的な化粧品が数多く販売されています。

自分の肌にあった効果的で安全な化粧品を選んで、こまめにケアすることがポイントです。


ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング


このページの先頭へ

お笑いギャグ