ほうれい線の深さや原因を確認してから有効成分の配合された化粧品を使用する…

ほうれい線の女性

ほうれい線は、舌回し体操などのエクササイズをするのもいいですが、有効成分の配合された化粧水や美容液でアプローチしていくことも大切だと考えられます。

ほうれい線に効果の期待できる有効成分は、有名なヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドのほかに、フラーレンやレチノール、プラセンタエキスなどがあります。

しかし有効に使用してこそ効果が期待できますので、まずはほうれい線の深さや原因を確認してから有効成分の配合された化粧品を使用するようにしていきましょう。


ほうれい線には、浅いタイプと深いタイプがあります。浅いほうれい線はむくみと肌表面の乾燥が原因とされていますので、角質層のケアを大切にしていきましょう。

角質層のケアには潤いがとても大切ですので、セラミドやヒアルロン酸配合のものがいいと考えられています。

深いほうれい線の場合は、加齢による筋肉の衰えとコラーゲンエラスチンの減少が原因とされています。

コラーゲンエラスチンは肌の弾力を維持するものですが、加齢によって全体量が減ってしまうとハリや弾力を維持できなくなりたるんでしまうと言われています。

深いほうれい線の場合は完全に消すことは難しいですが、ある程度のケアで改善させることはできます。


ほうれい線が気になる場合はまず、保湿を十分にして肌の角質層を守ることが前提となります。

その上で、ほうれい線に注目している化粧品を選んでいくことがポイントとなります。

肌の弾力やハリが重要になってきますので、先ほど述べたフラーレンやレチノール、プラセンタエキスなどがほうれい線の有効成分となります。


しかし市販の化粧品は高価なものもたくさんありますので、自分の肌質にあう化粧品の中で、継続できそうな価格のものを選んでいくことをおすすめします。

効果が期待できるのは使い始めて2ヵ月から3ヵ月程度と言われていますので、その間も、そしてそのあとも続けられるかどうかを考えることも必要となります。

また、ハリや弾力に有効的な食材やサプリメントなどを使用して体内から摂取していくこともおすすめします。


プラセンタやコラーゲン配合のサプリメントは気軽に買うことができますし、身近な食材にもハリや弾力を回復させるものがあります。

豚バラ肉やウナギ、クラゲにもコラーゲンは含まれています。

また、ビタミンCやたんぱく質を摂取することも忘れないようにしましょう。

また、油分も必要ですので油を抜いたダイエットをしている場合は注意することが必要となります。



ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング

このページの先頭へ

お笑いギャグ