弾力を高めるために経口摂取すべき栄養素はコラーゲン…

肌に直接与える栄養はセラミド

ほうれい線が出来る肌は、年齢を重ね、弾力やハリを失い、筋力も衰えて、重力に引きずられたるんできている事が多いです。

年齢を重ねたらどうしてもそのような変化が出てきてしまうものですが、なるべくなら、いつまでも若々しいハリのある肌でいたいものです。

ハリのある肌というのは、キメが細かく潤いがあります。

逆にハリのない肌は細胞同士が綺麗にひしめき合っておらず、ばらばらに存在しているように間が空いていて、乾燥している傾向があります。

乾燥するとどうしても人の肌はしぼんだ風船のように軟らかく、ふにゃっとした状態になります。

内側からハリを支えている水分が失われてしまうので細胞自体がしぼんでいますし、細胞同士の間を埋めているセラミドも少なくなっているのでお互いが離れてしまい、ハリはますますなくなってしまいます。


年齢を重ねるごとにコラーゲンなどの細胞を膨らませるクッションのように働いてくれる成分も失われていくので、肌のハリの衰えは仕方のない事ですが、そんな変化をゆっくりとしたものにするためには、身体の内側からも外側からも弾力を取り戻すために必要な栄養分を与えてあげなくてはいけません。

弾力を高めるために経口摂取すべき栄養素はコラーゲンです。

コラーゲンを定期的に摂取し、補ってあげるとプルっとした肌を取り戻してくれます。


また、肌に直接与える栄養はセラミドがおすすめです。

セラミドは細胞同士をくっつけてあげる役割をしています。

ブロック塀を頑丈にくっつけるセメントのように細胞同士をくっつけてくれるので、セラミドを補いつつ肌を保湿する事が大切です。


は肌を美しく保つ基本です。

乾燥すればどんなものもしぼみます。

人間も同じ事です。

ハリを保つためには乾燥は大敵です。

水分を補った後は、水分が逃げないようにクリームなどで多い、水分がしっかりと定着するようにしてあげましょう。


また、ほうれい線を防ぐために必要なのは顔の筋力を鍛える事も重要です。


顔には30以上の細かい筋肉が存在し表情を作っています。

その筋肉を鍛えることで、頬がたるみ、ほうれい線ができるのを防ぐ事が出来ます。

よくマッサージをしてもみほぐし、エクササイズをして鍛えるのは身体と同じです。

鍛えることで、重力に負けず、たるみを上に持ち上げる筋力が付きます。


見た目年齢を大きく引き下げるほうれい線と無縁の弾力を手に入れるために、毎日の丁寧なお手入れと、トレーニングを心がけていきましょう。



ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング

このページの先頭へ

お笑いギャグ