まず、第一ステップとして肌を潤わせておく…

そのあとコンシーラーで、さらにほうれい線をカバー…

ほうれい線ケアの案内嬢

見た目年齢をぐっと引き上げてしまうほうれい線、鼻の横から口元にかけて落ちるように走る線は、どんな美人顔も一気に老け顔にし、疲れた印象を与えてしまいます。

ほうれい線もしわの一種なので、保湿に力を入れたケアを行うことが大切で、肌の保水力を上げ、弾力を甦らせることができれば、肌表面に現れる皮膚の溝は浅く目立たなくなっていきます。

毎日行うスキンケアでは、徹底した保湿ケアを心がけ、肌を渇かさない、ということがこれからの予防にも重要なことです。


このスキンケアは、メイクを行う時にも影響してくるので、メイクでほうれい線をしっかりと目立たなくさせるようにするためにも、まず、第一ステップとして肌を潤わせておくようにしましょう。

この時、メイクがよれたり崩れにくくさせたいので、色々なスキンケアアイテムを重ね塗りするよりも、オールインワンジェルで肌を整えるのがベストです。

プルンとしたジェルが、ぐんぐん肌の奥に浸透していき、そのまま肌内部にしっかりと留まるので、肌はもっちりと潤いますが、表面はべたつきません。


しっかりとジェルが肌に浸透したら土台作りに入りますが、この時にもリキッドファンデーションやクリームファンデーション、あるいはBBやCCクリームなどを使えば、肌にスーッとのびてくれるので、ほうれい線の溝まで綺麗に塗れます。

このようなクリームは、できれば手ではなく、ブラシやスポンジを使うと、毛穴のデコボコや溝に綺麗に塗ることができるのでとても便利です。

ほうれい線は一番良く動く口元にあるので、できるだけ少量を丁寧に叩きこむように付けていきます。


そのあとコンシーラーで、さらにほうれい線をカバーしていきます。

肌より明るめのカラーを選び、線に対して垂直になるように数か所、テン、テン、とコンシーラーを乗せ、溝になじませていきます。

これも、とにかく少量を丁寧に叩きこむように塗ります。

薬指を使えば力を入れ過ぎずに肌になじませられます。


そのあとは、粒子の細かいフェイスパウダーで仕上げますが、それでも影が目立つようならば、ハイライトカラーのチークをほうれい線の上に軽くはたきましょう。

光の反射で影を飛ばしてくれます。

そして、アイメイクをしっかりと行い、視線を顔の上部分にいくようにさせるのもポイントです。

大人のアイメイクは決してごてごてさせるのではなく、落ちくぼんだ皮膚を盛り上げて見せるように明るめのカラーを使いましょう。



ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング

このページの先頭へ