ゴルゴラインとマリオネットラインは、どちらも顔のたるみが原因…

全体的に頬がたるんでしまうとブルドック頬に変化

加齢の影響で肌が衰えてくると、顔の一部がくぼんでしまい線が入っているように見えることがあり、代表的なものにはゴルゴラインとマリオネットラインがあります。

ゴルゴラインは目頭の下あたりから頬にかけて斜めにはいったラインが、まるで漫画の主人公のように見えることからゴルゴラインと呼ばれるようになったのですが、正式にはミッドチークラインと呼ばれています。

マリオネットラインは、口角の脇から顎にかけてできる線のことで、腹話術で使用している人形にも同じような線が入っていることから名付けられました。


ゴルゴラインとマリオネットラインは、どちらも顔のたるみが原因となっています。

ゴルゴラインができてしまうのは、顔にある表情筋のうち、目の下にある大頬骨筋と小頬骨筋、そして上唇や小鼻を持ち上げる筋肉である上唇挙筋が衰えてしまうためです。

マリオネットラインは、口元から胸元まで広がっている広頚筋と、口を動かす時に使用している口角下制筋の衰えが原因となっています。


さらに表情筋が衰えてきて、鼻の脇から口のあたりにできるほうれい線とマリオネットラインがつながってしまうと、全体的に頬がたるんでしまうブルドック頬に変化していきます。

ブルドック頬になると顔が疲れているような雰囲気になり、老けた印象が強くなってしまうため、ゴルゴラインやマリネットラインが気になり始めたら、早めに表情筋を鍛えるようにしましょう。


表情筋は、脚や腕などについている筋肉と同じように、使わないと徐々に衰えてしまいます。

ですから顔の表情を豊かにすることは、表情筋を鍛えることにつながるので、ブルドック頬の予防対策になります。

目をぐるぐると動かしたり口を大きく開けたりするだけでも、表情筋が鍛えられるため、時々顔のエクササイズをして筋肉をほぐしてみるのも効果的です。


ブルドック頬を招く顔のたるみは、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの減少によっても発生します。

加齢によって減少しやすい成分ですが、肌のバリア機能が低下してきて紫外線のダメージを受けやすくなると、より減少しやすくなってしまいます。

美容成分を真皮層までダイレクトに届けるのは難しいので、保湿対策をして乾燥を防ぎ、バリア機能を向上させていくと、結果的にコラーゲンやエラスチンなどの減少を抑えることになります。


ゴルゴラインやマリオネットラインは加齢によってできてしまうことが多いのですが、顔の皮下脂肪が原因になって発生する場合もあります。

特に急激なダイエットなどを行って筋肉が落ちてしまうと、皮下脂肪を支えきれなくなってたるんでくるケースもあるため、年齢に関わらずたるみ対策は欠かせなくなっています。



ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング

このページの先頭へ

お笑いギャグ