ほうれい線が深くなったゴルゴラインやマリオネットラインの予防と改善の方法について…

予防にはマッサージが有効、化粧品によるケアのほか医院による施術も…

ほうれい線がはっきりと深く見える場合のゴルゴラインや、唇の両脇から顎に伸びる2本の線で腹話術師の使う人形の口の部分に似ているためにマリオネットラインなどとも言われるラインがあります。

これらは年齢よりも上に見られたり、疲れて見えるなどあまり良い印象を与えないものです。


ほうれい線のゴルゴラインができる原因は、年齢を重ねて皮膚に刻まれたシワということではなく、頬の筋肉や皮膚がたるみ脂肪が下がってくることで溝が目立って見えるようになった状態です。

脂肪が重力で下がったことでできる溝なので仰向けに寝ると消えるのも特徴的です。

マリオネットラインができる原因は頬の皮膚や筋肉がたるみ脂肪が下がったり、口元から下顎、首にかけて広がる筋肉がたるんだり、口角を下げる時に使われる口角下制筋が硬くなったり縮まることでできます。

ヒアルロン酸を注入する方法

ほうれい線が深くなったゴルゴラインやマリオネットラインはとても気になるものです。

どちらも頬の脂肪が下がることなどが原因なので、解消するための方法にヒアルロン酸を注入する方法があります。

ヒアルロン酸は体内へ吸収されてしまうため長期的な改善ではありませんが、万が一ヒアルロン酸を注入して満足できない場合でも数ヶ月から数年経つことで元に戻り、注射で分解することも可能なので気軽に施術をすることができます。

脂肪注入や再生治療

ほうれい線が深くなったゴルゴラインなどを長期的に解消するためには脂肪注入や再生治療などがあります。

これらの治療はしこりができるなどリスク、膨らみ過ぎるなどのリスクなどが起きる可能性があり、仕上がりに満足できない場合には修正も困難になります。

ヒアルロン酸注入でトラブルが起きた場合は時が経つことで解消することもありますが、注入し過ぎて違うトラブルを招くことがあります。

気軽にできるヒアルロン酸注入であっても、脂肪注入などでの治療であってもトラブルにならないように最初から技術や知識のある名医に施術をお願いすることも大切なことです。

マッサージによる予防と改善

ほうれい線やマリオネットラインは、皮膚のたるみや筋力の衰えによるもので、年齢と共にあらわれるものです。できるだけラインが深くならないように予防することも大切です。

方法としてマッサージがあります。

クリームや美容オイルなどを顔に塗り肌を滑りやすい状態にして口角から耳に向かってラインを伸ばすようにゆっくりとマッサージします。

マッサージは強すぎると細胞が壊れやすくなるため、強くマッサージしないよう心がけます。

また指の腹を回転させてマッサージしてたるみを上に引き上げるようにします。

マッサージを続けることでほうれい線などのラインが薄くなるだけではなく、顔のマッサージにもなるため、顔がすっきりと小顔になることも期待できます。



ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング

このページの先頭へ

お笑いギャグ