ほうれい線ができる大きな要因は、表情筋の衰えと皮膚の代謝の低下!

表情が乏しくて笑うことが少ない人は表情筋が衰えやすい!

若い頃は出なかったのに、最近笑うとほうれい線がくっきり出るようになってしまったという中高年の方も少なくないと思います。

ほうれい線があると、実年齢よりも5歳から10歳は老けてみられるともいわれており、気づいたときに早急な対策をする必要があります。

ほうれい線ができる大きな要因は、表情筋の衰えと皮膚の代謝の低下です。

皮膚は土台となる表情筋が支えており、この筋肉が衰えると肌が徐々に垂れ下がってきます。

表情が乏しくて笑うことが少ない人は表情筋が衰えやすいといわれているので、普段から表情を豊かにすることも大切ですが、表情筋は食事で食べ物をよく噛んで食べることでも鍛えられます。

最近は柔らかい食べ物が多いので、噛む回数が少なくなりがちなので、せんべいやスルメのような硬くて噛みごたえのある食べ物を積極的に食べて表情筋を鍛えるのもよいでしょう。

皮膚の代謝の低下にはリフトアップ化粧品を…

一方、皮膚の代謝が低下すると、皮膚の真皮層で肌のハリと弾力を保つ役割をしているコラーゲンがスムーズにつくられなくなるので、コラーゲンの減少によって肌にたるみが生じやすくなり、ほうれい線が目立つようになります。

こうした皮膚の代謝の低下によるほうれい線対策にはリフトアップ効果の高い化粧品で対策をするのが有効です。

ほうれい線対策のための化粧品を選ぶときのポイントは、加齢によって衰えがちな代謝を高めてコラーゲンの生成を活発にするとともに、コラーゲンの不足を補ってくれる有効成分が配合されているものを選ぶということです。

コラーゲンの不足を補ってくれる有効成分の代表はやはりコラーゲンですが、そのまま配合しても肌の奥まで浸透しないので、粒子を細かくするなど特殊な加工を施して浸透しやすくしたコラーゲンが配合されているかも重要なポイントとなります。

また、皮膚の代謝が低下するとヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分も減少しがちなので、できればこうした成分が配合されているものを選ぶのがオススメです。

皮膚の代謝を高める有効成分は数多くありますが、その中でも代表的なのはプラセンタとビタミンC(ビタミンC誘導体)です。

プラセンタは肌の細胞の代謝を活発にする成長因子が豊富に含まれており、ビタミンCはコラーゲンの合成を助けてくれるので、肌のたるみやほうれい線の改善に高い効果が期待できます。

表情筋を鍛えながらリフトアップ効果のある化粧品でケアを…

このように、ほうれい線対策には表情筋を鍛えながらリフトアップ効果のある化粧品を利用するのが効果的ですが、現在では安全性を重視して防腐剤・香料・着色料・鉱物油などの肌への刺激が大きい添加物を配合していない化粧品も販売されているので、こうした製品を選ぶと安心です。

なお、皮膚の代謝の低下は加齢による影響が大きいですが、睡眠不足や食生活の乱れなどの生活習慣の影響も小さくないので、生活習慣を見直して改善してほうれい線の少ない若い肌を維持しましょう。



ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング

このページの先頭へ

お笑いギャグ