過剰なダイエットは、ほうれい線を深めるリスクがある!

コラーゲンやビタミンCをしっかりと補給し、表情筋の活力の回復を狙う…

ダイエットの計画を立てている時、不安になることの一つが、過剰な減量が成功した代わりに、全身の皮膚が弛んでしまって無様な姿になってしまうのではないか、という点ですね。

これがまだお腹の肉とかならば、服で隠すことは可能ですが、顔の場合はシワが増えたり、ほうれい線が深くなったりしたら、せっかく痩せることに成功してもかなりのショックです。

特にほうれい線の場合は、顔にできるため、隠すことが不可能なので、かなり悩ましいことになってしまいます。


では、実際に過激なダイエットの影響でほうれい線が深くなってしまうことはあるのでしょうか?

答えをいうと、全くないと言い切ることはできません。

ダイエットのやり方によっては法令線が深くなってしまう可能性もあります。

そこで、ダイエットによってほうれい線が深くなってしまう原因と対策を説明していきます。


まず第一に、長い間の肥満体質で伸びきった皮膚は、急激なダイエットで皮下脂肪が減少しても、これに合わせて皮膚も急激に縮んでいく、というわけではないので、どうしてもたるみが出てしまいます。

時間が経つにつれてたるみは減少していきますが、これも個人差があって、なかなかたるみが解消しない人も中にはいます。

また、過剰なダイエットは、皮膚のたるみ以外にも肝臓に悪影響を与えたり、体に良くない作用がいろいろあるので、ダイエットは時間をかけてじっくりやることが一番無難なやり方でしょう。


次に、急激なダイエットをしている場合、栄養が極端に不足している可能性も高くなります。

その場合、筋肉よく動かすような成分も欠乏しているリスクがあります。

ほうれい線の原因となる肌のたるみは表情筋の活力が低下することによって起こるので、栄養不足によって表情筋の力が落ちて肌のハリが低下し、頬の肉がたるんで、ほうれい線を深める原因の一つとなる可能性があります。

対策としては、肉や野菜などをしっかり食べて、肌に良い効果をもたらすとされるコラーゲンやビタミンCをしっかりと補給し、表情筋の活力の回復を狙いましょう。

もし、ほうれい線が深くなってしまった場合は、表情筋を鍛える顔の体操を毎日することによって、表情筋の力を強くして顔のたるみを抑制することも可能です。

これらの理由から、短期間で極端な体重減を狙う過剰なダイエットは、ほうれい線を深めるリスクがあるので、なるべく避けて穏やかなダイエットを心がけるようにしましょう。



ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング

このページの先頭へ

お笑いギャグ