日ごろのお手入れでたるみを減らすことができます!!

筋力は顔の運動に限り…筋肉を増加させることで悪化を防ぐ!

年とともにしわやしみ、そしてたるみは悩みの種になっていきます。

その中でもほうれい線が悩みと言う方も多いのではないでしょうか。

化粧品でうまくカバーしようとしてもなかなか消えないと悩む方も多いはずです。

ほうれい線の原因はズバリ「たるみ」です。

このたるみさえ何とかできればほうれい線の悩みを多少は改善していくことができるかもしれません。

たるみは年齢と共に現れるもので、仕方ないと言えば仕方の無い現象ではありますが、日ごろのお手入れ次第でたるみ具合を減らすことは可能です。

まずたるみは水分やコラーゲンの減少や筋力の低下などが関わっています。

つまり保湿してコラーゲンを摂り、ハリを取り戻しそして筋力を付けてあげればいいわけです。

と、言葉では簡単に言えますがなかなか一筋縄ではいかない現状もあります。

地道な努力にはなりますが日ごろの保湿ケア、そして日ごろの食事の中からコラーゲンなどを摂取するのが最適です。

エクササイズで筋肉を増加…

筋力は顔の運動に限ります。

マッサージも効果的ではありますが、たるみによるほうれい線には筋肉を増加させることで悪化を防ぐことができます。

顔の運動としては「あいうえお」を大きな口をあけて言ってみたり、舌を使って口の中で歯茎を触ったりほっぺたを押す運動を行ってください。

化粧品に頼る前にまずはこれらに注意してみてください。

そして中には、片方だけほうれい線が濃いという悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。

片方だけほうれい線が目立つ方は…

そういった方はまず、左右対称を心がけた生活をして見て下さい。

食事の際に右か左のどちらかだけを頻繁に使って噛んでいないか、仕事中やテレビを見ている時などどちらかの手を頬についていないかなど片方だけを使うことが多い場合によく見られる現象です。

ほうれい線が左右非対称である場合には、日ごろの生活の中で左右非対称の動きを探して見て下さい。

ほうれい線を化粧品で消す

そして本題は、このほうれい線を化粧品で消すことです。

まず、メイクをする前にしっかりと保湿をしてあげてください。

そして、顔の運動も忘れずに。

更にマッサージを行うのも効果的です。

これらが一通り完了したら、化粧下地を丁寧に塗り、気になる箇所にはコンシーラーを塗ります。

決してべたべた塗ってはいけません。

丁寧に塗りこみ、最後はたたくように塗って下さい。

そうすることで、不自然なメイクを防ぐことができます。

コンシーラーは、あくまで気になる箇所にのみ塗るというのもポイントです。

片方が気になる方は、どちらかだけに塗りましょう。

厚化粧にならず不自然にならないほうれい線の消し方は、基本的には化粧の前にあります。

様々な方法を試し、自分だけの消し方を見つけてもいいかもしれません。


ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング

このページの先頭へ

お笑いギャグ